So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

ラズパイGPSモジュール LCDに緯度経度を表示 [ラズパイ]

ラズパイGPSモジュール

えーと、本日も引き続き、ラズパイにつなげたGPSモジュールの話である。

NMEAデータをUART経由で受信することに成功している。NMEAデータには、現在地の緯度、経度が含まれているので、これを解析して、LCDに表示させてみるのである。

GPSモジュールは、測位できると、LEDが点滅する。電源がONになると点灯する。なので、電波状況が良い場所で、電源ONすれば、数分後には、点滅状態になる。NMEA的に言うと、「$GPGGA」センテンスで位置情報がわかるようになる。
NMEAを解析する、と言ってもGPGGAセンテンスから緯度と経度を取ってきて表示するだけ。
LCDにどうやって文字を表示させるか、の方が難しいかも。

LCDの制御は、I2Cで行う。
サンプルのpythonスクリプトを見ながら、C言語で書いてみた。

DSC_0294.JPG

窓際に置いておくと測位していたのだが、本日は天候のせいか、なかなか測位しない。
南側に移動してやってみる。
衛星を捉えたようで、LEDが点滅し始めた。一度、衛星を捉えると、部屋の中に移動しても測位し続けることが可能。ただし、どうも怪しくなる。やはり、屋外で使うことが前提であるようだ。
AGPSのアシスト機能があるのかも。

Mac BookにUSB電源とLANをつなげて、測位しながら車で移動してみた。途中、Mac Bookの方の有線LANが切られてしまい、NMEAデータが紛失してしまったが、GPSモジュール+ラズパイは、測位し続けていた模様。

精度はカーナビよりも少し悪い。
途中、道をはみ出してしまっている部分もあった。
車が信号で停止していると、なんか微妙にずれている。
車に積んでいるカーナビは、ジャイロとか、車速とかで補正しているから当然か。

車載する場合は、LAN接続の方法を考えないといけないかも。
というのも、AREarthroidでNMEAデータを読み込みさせようと考え中なのである。
家に居るときは、普通にWiFi接続の方が楽なんだけど。車載のときは、WiFiのAPになって欲しかったりする。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ
前の1件 | -



AREarthroid
AREarthroidPro ARで地球を表示するアプリ
AREarthroid ARで地球を表示するアプリ(無料)
AREarthライブ壁紙(無料)
Copyright Atsushi Asai Google+朝井淳

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)