So-net無料ブログ作成
検索選択

Google Search ConsoleとAnalyticsを連携する ついでにWeb master toolsにも登録 [ブログ関係]



前回に続き、SEOからみのネタである。

前回の記事
Google Analyticsでサイト分析 IPv6アドレスでフィルタが面倒

Google Search Consoleを使うと、検索キーワードがわかるようになる。
それは、わかっているのであるが、登録とか面倒なので、何もしていなかったが、Analyticsと連携できるようなので、やってみた。

サイトの所有者であるのかを、ヘッダのMETAタグで指定する手間がある。それに、サイトマップの登録も必要。しかし、それさえやってしまえば、何とかGoogle Search Consoleが使えるようになる。

Analyticsにもなんか、表示される。

で、これ見ても、やっぱりなんだかよくわからなかったりする。

どういったキーワードで検索してこのサイトにやってきたのかがわかる、っていうことはわかるのだが、それがわかったからといってどうすればいいか、わからないのである。

わかったり、わからなかったりで恐縮ではあるが、今の所、そんな感じである。

(not set)がやけに多い気がするのではあるが...

Google Search Consoleで収集される検索データは、Googleで検索されたもの。因果関係があるかどうかは定かではないが、ユーザの統計情報を見ると、「Chrome」が一番となっている。

えー、これ本当か?

IEがダントツで1位かと思ったのだが...
みなさんIE使ってますよね。わざわざChrome入れないですよね。
おや、IEの他にEdgeっていうのもあるじゃない。

でも、足してもChromeの方が上。

もしかして、
もしかするとなのだが、うちのサイトってGoogleの検索エンジンでしかヒットしてないのかも?

参照元を見てみると。

スクリーンショット 2017-06-07 21.10.39.png

あ、なんかbingから来てる人が少な
Windows10になって、Edgeのデフォルト検索エンジンがBingになり、それでIEからのお客さんが減った?
のかも。

確かに、同じキーワードで検索してみたら、GoogleとBingでは全然違った。

ということで、BingのWeb mastertoolにも登録して、サイトマップをアップロードしておいた。
ちゃんとクロールされるまで1週間くらいかかるとのことなので、結果が出るかどうか楽しみである。

しかし、ブラウザのシェアを調べてみると、どうもChromeが一番っぽい。次がIEで、Edgeはまだまだ普及していないらしいぞ。
Chromeからのアクセスが多いのは、検索エンジンのせいじゃないのかも...
いやなぁ、みなさんIEやEdge使ってないですか?どうも納得がいかない。

関連記事
Google Analyticsでサイト分析 IPv6アドレスでフィルタが面倒



サイト内を検索


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


AREarthroidPro ARで地球を表示するアプリ

Copyright Atsushi Asai Google+朝井淳
[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)