So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログ関係 ブログトップ
前の10件 | -

Google Search ConsoleとAnalyticsを連携する ついでにWeb master toolsにも登録 [ブログ関係]



前回に続き、SEOからみのネタである。

前回の記事
Google Analyticsでサイト分析 IPv6アドレスでフィルタが面倒

Google Search Consoleを使うと、検索キーワードがわかるようになる。
それは、わかっているのであるが、登録とか面倒なので、何もしていなかったが、Analyticsと連携できるようなので、やってみた。

サイトの所有者であるのかを、ヘッダのMETAタグで指定する手間がある。それに、サイトマップの登録も必要。しかし、それさえやってしまえば、何とかGoogle Search Consoleが使えるようになる。

Analyticsにもなんか、表示される。

で、これ見ても、やっぱりなんだかよくわからなかったりする。

どういったキーワードで検索してこのサイトにやってきたのかがわかる、っていうことはわかるのだが、それがわかったからといってどうすればいいか、わからないのである。

わかったり、わからなかったりで恐縮ではあるが、今の所、そんな感じである。

(not set)がやけに多い気がするのではあるが...

Google Search Consoleで収集される検索データは、Googleで検索されたもの。因果関係があるかどうかは定かではないが、ユーザの統計情報を見ると、「Chrome」が一番となっている。

えー、これ本当か?

IEがダントツで1位かと思ったのだが...
みなさんIE使ってますよね。わざわざChrome入れないですよね。
おや、IEの他にEdgeっていうのもあるじゃない。

でも、足してもChromeの方が上。

もしかして、
もしかするとなのだが、うちのサイトってGoogleの検索エンジンでしかヒットしてないのかも?

参照元を見てみると。

スクリーンショット 2017-06-07 21.10.39.png

あ、なんかbingから来てる人が少な
Windows10になって、Edgeのデフォルト検索エンジンがBingになり、それでIEからのお客さんが減った?
のかも。

確かに、同じキーワードで検索してみたら、GoogleとBingでは全然違った。

ということで、BingのWeb mastertoolにも登録して、サイトマップをアップロードしておいた。
ちゃんとクロールされるまで1週間くらいかかるとのことなので、結果が出るかどうか楽しみである。

しかし、ブラウザのシェアを調べてみると、どうもChromeが一番っぽい。次がIEで、Edgeはまだまだ普及していないらしいぞ。
Chromeからのアクセスが多いのは、検索エンジンのせいじゃないのかも...
いやなぁ、みなさんIEやEdge使ってないですか?どうも納得がいかない。

関連記事
Google Analyticsでサイト分析 IPv6アドレスでフィルタが面倒



サイト内を検索


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

Google Analyticsでサイト分析 IPv6アドレスでフィルタが面倒 [ブログ関係]



えーと、本ブログも遅ればせながら、Google AnalyticsグーグルアナリティクスでSEOとかをやるために分析しちゃうのである。
今までは、なんか色々SEO的なことをやったけど面倒な割に、なんかアクセス数アップにならないし、どうすれば良いのかわからなかったのであまり真剣にはやっていなかった。

ソネットのブログのアクセス解析を見る程度で、あーそんなもんか。過疎なサイトだなぁ、ということは知っていたが、なんとかアクセス数をアップさせたい、と思いGoogle Analyticsを使ってみることにした。

トラッキングIDを設定

えーと、Googleアカウントを持っていれば、簡単に、Google Analyticsサービスを使うことが可能と思われる。
最初に、サイトにIDを埋め込んでやるっ必要がある。トラッキングIDだったか。アフィリエイトとか、広告とかそんなシステムと同じで、ブログにIDを入れてやる必要がある。

多くのサイトで説明されているので、やり方は、省略。
検索して調べれば多分できると思う。

でもって、トラッキングIDだかを設定すると、JavaScriptのなんかの関数が動いて、Googleにメッセージが飛ぶ。
Googleではメッセージをデータベース化して保存し、Analyticsのサイトでサイト所有者に提供する、といったサービスである。

驚いたことに「リアルタイム」でわかるのである。

まじで、こんな過疎なサイトでもリアルタイムにアクセスがわかるの?
いや過疎だからこそ、処理が追いつくのか...

ちょっと眉唾であったが、実際やってみると、ちゃんと「わかるのである」。
これは、結構すごい。

自分で、Google Analyticsのリアルタイムを表示しておいて、別の端末とかブラウザで対象のサイトにアクセスしてみる。すると瞬間に、ページビュー数が「ポコッ」とグラフで表示され、アクティブユーザー数が1と表示される。

スクリーンショット 2017-06-07 20.24.46.png

ほー、なにげにすごいな、Google。伊達に大企業ではない。

一通り、自分のブログにアクセスしてみて、どうやって分析されるのかを確認した後は、ブログにメンテナンス用でアクセスしたトラヒックは除外したくなる。
だって、編集作業したら、何回も見るでしょ。過疎なんだから、1回の重みが違うのですよ。

普通のユーザは、ブログへの滞在時間は数分とかなのだが、メンテナンスで記事を書いたりしている際は、過去の記事とかも参照しているので、滞在時間も長くなるし、目標を設定したら、試してみたくなるしで、やたらとページビューが増えることになる。
つまり、一生懸命記事を書いている間は、オレオレ詐欺的に、ページビュー数が上がるのである。

そんな状況をGoogleでも知っているので、ページビューにカウントしたくないトラヒックは「フィルタすれば良いよ」と教えてくれる。
なので、早速ルータのグローバルIPアドレスをフィルタするように設定したのではあるが、どうも効いてない。

リアルタイムでアクセスがあった地域まで見ることができるのだが、自分の端末からアクセスすると、「Tokorozawa」って表示される。えー、バグってるんじゃない?と思ったが、どうもブラウザはIPv6でアクセスしているらしく、IPv4のIPアドレスを入れても無意味であった。

そうか、じゃあ、IPv6のアドレス入れたらOKかと思い入れてみたら、OKだった。フィルタが有効になり、自分の端末からのアクセスは除外された。
しばらく調子こいて、ランディングページのチェックとか、リアルタイムで「お客さん来ないかな...」とかあちこち見て回っていた。Search Consoleの設定をしたりして、一度端末を落とした。

端末を再開して、もう一度Analyticsをいじっていると、またもやフィルタが...

MacはDHCPでIPアドレスをもらう。固定にしても良いのだが、WiFiなので、なんとなくそうなっている。
どうも、IPv6アドレスが変わってしまうようで、そうなるとフィルタが効かなくなる。
調べると、困っている人も多いようである。IPv6を切ってしまう人も多いぽい。

えー、なんか面倒じゃない。WindowsならIPv6切るの大変じゃないかもしれないが、Macで切れるのか?

ということで、フィルター問題はとりあえず保留。Macからはブログを更新とかはしない方向で、

と思っていたのではあるが、IPv6のネットワークアドレスでフィルタしたらいいんじゃね?
と思いやってみたら、ビンゴ!。ちゃんとフィルタできているっぽい。

スクリーンショット 2017-06-07 20.27.46.png

めでたし。

関連記事
Google Search ConsoleとAnalyticsを連携する ついでにWeb master toolsにも登録



サイト内を検索


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

スカイツリーに行ってきました [ブログ関係]



すみません。
大変、更新が滞っておりまして、申し訳ありません。

ネタがなかったわけではないのですが、なんか、もう、とても面倒になってきたので、ずーっと「サポッって」ました。
ここらで、ひとつ更新しておかないといけない、気がしてきましたので、とりあえず、スカイツリーに行ってきたので、画像をアップしておきます。ゴメンなさいね。
ちなみに、愛機のNikonは持って行かず、嫁iPhoneで撮影の画像です。

IMG_0215_2.jpg

けっこう「きれい」に撮影できているかも。
90分待ちだったので、上までは登ってません。まだ、休日はかなり人が多いです。
もう、1年くらいしたら、普通に上がれるかも?

しょうがないので、水族館に行ったのですが、D3000を持って行かなかったので、写真はなし。あしからず。
まぁ、楽しめたのでOKとしますか。


サイト内を検索


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

Google検索の結果にプロフィール画像を載せたいの続き [ブログ関係]



Google検索にプロフィール画像を載せたいと思い、プロフィールを顔写真に変更したのが、6/11。本日、検索をかけてみたところ、ご覧の通り、プロフィール画像がアイコン表示されるようになった。

検索結果に著者情報が表示された.png

これは、インパクトあるでしょう。やはり「ネコの写真ではだめ」だったようである。著者名もちゃんと姓名の順になっている。
全部の記事に著者情報が付いたかというと、そうでもない。いくつか検索でヒットするが、著者情報が付いているのは、半分もない。多分、更新が回っていけばそのうち付くであろう。
残念ながら、Yahooでは、検索結果に著者情報は表示されない。

これで、アクセス数も少しは増える?逆に下がるかも...

関連記事


サイト内を検索


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

ページビューが異常 特定の記事に対して1時間に1000アクセス [ブログ関係]



AdSenseで広告を出すようになってから、ブログのアクセス数をチェックするようにしている。どの記事が読まれているのかを把握しておきたいからね。
ここ最近の、1日のページビューは、1000いくかいかないか。1ページあたり、で見ると10~100くらい。
しかし、始めた当初は1日のページビューは、10とかだったので、成長したものである。

それはさておき、ページビューと訪問者数は異なる。ページビューは、単にアクセスがあった数。訪問者数は、IPアドレスでカウントアップ。当然ながら訪問者数の方が小さくなるが、同じ人が何回も同じページを見ないので、普通のアクセスでは、訪問者数とページビューはともに1増える。

で、本日、アクセス数をチェックしてみると、ひとつの記事に対して、ページビューが1000を超えているものが。訪問者数は、3。これは、どこからか攻撃されているのか?...

異常なページビューであったのは「Brother MFC-9460CDN届く」の記事。

アクセス数.png

なんでぇ?
時間帯別でみると、7時~8時の間にあった模様。
Brother関係の記事も99のアクセスがあるなぁ。

いったい何の得があるのであろうか。単に何かのロボットが誤作動しただけなのか。
AdSense狩りかも?
AdSenseのクリック数を見てみたが、極端に多いことはなかった。数クリック。

少し前にもトップページに対して、短時間に異常に多いアクセスがあったが、その時は200ページビュー程度であった。今回のは、1000なので、少々心配である。

新手の嫌がらせなのであろうか。おかげで、ブログのランキングは上がったみたいだが、誰得なの?
わざと広告を表示させて、広告費を使いきっちゃうとか、そういった作戦?クリックしなければ広告費は減らないか...

自分でサイト運営をしていれば、ログを見れるので、どのIPアドレスからアクセスがあったのかわかるが、So-netのブログなので、そこまではわからない。

こういったこともあるのであろうか。



サイト内を検索


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

Google+ インスタントアップロードにびっくり [ブログ関係]



AREarthroidをGoogle playに登録するために、Googleにユーザー登録を行っている。アプリを登録するにはデベロッパーとして登録する必要がある。
でもって、Androidを使うときにもGoogleのユーザとリンクしておくと何かと便利らしいので、登録している。
GMailとかね。

GMailなどGoogleのサービスは、基本、ネット上にストレージがある。いわゆる「クラウド」っていうやつである。だから、スマホでアクセスしても、PCからアクセスしても同じメールを見ることができる。

メールの場合は、個人的なデータになるので、自分(ログインしたユーザ)しか見れない。これは納得。
しかし、画像データになると、話は別。基本、自分で「公開」さえしなければ、自分しか見れないのだとは思うのだが、このあたりがよくわからないのでちょっと不安なわけである。

AREarthroidのテストで、スマホで位置情報を付けて写真を撮影してみた。撮影した写真は、当然ながら、スマホの中に保存される。AREarthroidを起動して、その画像を開けばEXIF情報が取ってこれるので、撮影した位置がマーカーで表示される。「よしよしできてる」とほくそ笑む。
別の端末(A100)で、テストしてみようとギャラリーをいじっていると、さっき撮影した画像がなぜか表示される。

ん?ファイル転送していないぞ...

そう、「インスタントアップロード」とかいう機能があり、自動的にネットにアップロードされちゃうのである。
なので、同じGoogleのユーザを設定している端末、PCではネットを介して同じ情報を共有できちゃうのである。
うぉー、これは便利なのかー?!セキュリティはどうなのぉー。

ということで、ユーザが同じなので、表示できることが当たり前であるのだが、なぜか「公開されているかも。変な顔した写真がネット上に流れてしまったかも...」とびっくりするわけである。

で、なにが言いたいかというと、顔写真を検索結果に出すために、Google+に参加したわけであるが、ここにも撮影した画像がでちゃう。出るだけならいいのであるが、別の人が一般公開している(例えばAKBの人たちの)画像とともにリストされてしまうので、「誤爆したか」とヒヤリとするわけである。
投稿はしてないつもりなんだけどなぁ...

なんで、写真を撮りまくっているかというと、やっぱり「顔写真じゃないと検索結果に載らない」っぽいので、なんとかきれいな写真が撮れないかなぁと試行錯誤している最中なのである。
プロフィール画像を変更しようとすると、投稿されちゃうのかも...

そんな中、ピーちゃんの動画を撮影したので、アップしておく。今日も見張り、御苦労さまです。




サイト内を検索


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

Google検索の結果にプロフィール画像を載せたい [ブログ関係]



AREarthroidGoogle検索をかけると、Google playのページがヒットする。でもって、アイコン画像が表示される。こんな感じ。

AREarthroidで検索.png

ブログのページはヒットしてもプロフィールの画像は表示されない。

ブログはだめなんだろうなぁ、と思っていたのだが、どうもGoogle+とリンクしておけば、Google+のプロフィール画像が表示されるようになるらしい。

さっそくやってみることにした。

http://www.jweb-seo.com/blog/wordpress/2012/05/29/3507

によると、まずGoogle+のアカウントが必要。GoogleのユーザはあるのでGoogle+にアップグレードした。

まずは、自分のサイトからGoogle+のアカウントページにリンクを張る。
Google+のアカウントページっていうのが、どこなのかよくわからないが、なんか番号がずらずらと書かれているURLっぽい。
プロフィールを表示するとそれっぽいアドレスが表示されたのでそれを使ってみる。

ページのフッタ部分にリンクを作成。
上記のページの説明にあるように、「?rel=author」を付ける。

次にGoogle+にブログのURLを登録する。
Google+のプロフィールページを開いて、「プロフィールを編集」をクリック。下の方にある、投稿先をクリック。カスタムリンクを追加をクリックして、ラベルとURLを入力。URLは登録したいブログのURLを入れる。

これで終了。

でちゃんとできたかどうかは、リッチスニペットツールっていうので確認できるらしい。やってみよう。
URLのところに、自分のブログのURLを入れる。
Previewボタンをクリック。

スニペットツール.png

おお、出た。ちゃんとプロフィールの画像が表示された。
author nameが 姓名 じゃなくて 名姓 になっていて「かっこ悪い」。一度、変更しようと試みたのだが、不正ですといわれたので、元に戻してそのまま。まぁいいか。

2、3日しないとGoogleの方のデータベースが更新されない。実際に検索結果に表示されるのはもう少し後になりそう。
検索結果に表示されているプロフィール画像はどれも顔写真。ピー(ネコ)の写真ではだめかも...
顔をさらすのはいやだなぁ...

6/11追記

検索結果に表示されるのは顔写真ばかり。しょうがないので、顔写真を撮影してみた。
このブログのプロフィール、Twitterのプロフィールも変えてみた。少々恥ずかしい。これで、検索結果にプロフィール写真が載るようになるか... ワクワク。

関連記事


サイト内を検索


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

サイトの最適化 SEOやらLPO [ブログ関係]



AdSenseやらAmazonのアソシエイトやらをやり出すと、SEOが気になり出した。SEO対策として、タイトルを変更したり、キーワードをstringで囲ってみたりしている。そんな中、AdSenseの広告に、SEOよりLPOっていう広告が、なんでしょうねぇLPOって。
クリックしてみたいが、自分のサイトに出ている広告を自分でクリックしてはいけない。
そこで、LPOで検索。

Landing Page Optimizationなのか。Landing Page(ランディングページ)というのは、ユーザが最初に到達するページなのね。
多分、普通のユーザがサイトに到達する過程では、最初に検索エンジンで気になる単語で検索する。そう、今私がやったように、LPOっていう単語で検索をかける。
検索をかけたときに、最初の方の検索結果にヒットするようにするのが、SEO。

次に、検索結果をクリックして、サイトに行く。表示されるのが、そのサイトのランディングページ。

ランディングページは、検索結果からやってくるページっていうことか?

もうちょっと調べてみる。広告からでもランディングページになるのね。何しろ外部から最初にユーザが訪れるページっていうことか。

検索をかけてヒットしてせっかくサイトに訪れても、そのキーワードに関する情報が何も書かれていなかったとしたら、もしくは書いてあったとしても見つけられなかったら、ユーザはすぐに立ち去ってしまう。何かについて知りたいと思ったから検索をかけたわけだからね。

LPO対策というのは、ランディングページを工夫してユーザが情報を見つけやすくする、っていう対策。メニューやら検索機能を付けたりっていうことか。

まぁ、普通の企業が運営しているサイトはLPO対策しないとあかんやろうなぁ。
しかし、個人のブログはどうすればいいの。やる必要なし?

このブログでタイトルに「トイレの」を付けたことによるSEOは、少し効果があったようではある。トイレとLED電球で検索すると、2ページ目に表示される。アクセス数も増えている感じはある。
ブログの場合、検索エンジンに登録されるのは、ブログ中の個々の記事で、検索のキーワードは、記事のタイトルから拾われている。なので、記事の内容と異なったタイトルを付けない限り、ランディングページには、検索キーワードと無関係なことは書かれていない。つまり、ユーザが欲しい情報はすぐに見つかるのである。

次の記事へのリンク

LPOとは呼べないかも知れないが、記事の最後に次の記事へのリンクを作成してみた。
Andorid関係の記事が多くなってきたので、OpenGLとAREarthroid、その他のAndroidの3つにカテゴリを分けた。
カテゴリ別に表示すれば、順番に記事を読んでいくことができるが、検索エンジンからやってくると、その記事しか表示されない。
続きが読みたいなと思い次のページに進んでも、同じカテゴリの話にはならない。OpenGLの話だったのに、ガーデニングの話になってしまうのである。

これで、続きが気になった人が、そのまま読んでくれる率が上がると期待している。



サイト内を検索


nice!(1)  コメント(0) 

SEO対策 その後 記事にタイポを発見 strongタグは効果があったか? [ブログ関係]



昨日から取り組んでいる、にわかSEO対策。いろいろキーワードで検索して上位に表示できるか試してみた。
TX-8050は上位に出る。同じ記事で紹介しているスピーカーの方のD-112DXについてはどうかと、検索をかけてみた。おお、先頭でヒット。しかし、なんか様子が違う。

普通なら、型番で検索すれば、メーカーのホームページが最初にヒットする。これはごく自然。そうなっていないとすると、同じような型番で異なる商品が販売されている、っていうことでしょう。

なんでかなぁ?とよく見るとD-112DXじゃなくてD-112EXが正しい。DXじゃなくてEX。ホエー。そんなタイポがあるとは。デラックスじゃなくてエクストラ?なのかぁ...

AmazonでD-112DXで検索してもヒットしないわけだぁ。というか検索してもヒットしないのでなぜ?と思って発覚したのである。

せっかく、ページランクが高くなったのに「SEO的にはこれでは逆効果になりかねない」ということで、さっそく修正した。D-112EXのAmazonへのリンクも作った。

ONKYO TX-8050購入
http://asai-atsushi.blog.so-net.ne.jp/2011-09-04

でも、人気のページをいじるとページランクが下がるのではないか、と思ってちょっと「冷や冷や」。でも、間違いは修正しないとねぇ。
検索キーワードで「TX-8050」が多いので、影響はあるとは思えないが...

こういったスペルミスは、防げないものかねぇ。一般的な英単語のスペルミスなら、結構直してくれるが、型番は無理か。もしかして、意図的に間違えるといいことは...ないか?... みなスペルミスして検索しているとか... そんなことはないな。反省せねば。


で、一日しか経過していないので、昨日行った、strongタグを付ける、とタイトルに「トイレの」を付けた効果はまだわからない。そんなに劇的に変化はしないであろう。多分、効果があるとしても「じわりじわり」なので、多分わからない。節電と同じく、「ちりつも」な感じなのであろう。

もしかすると、記事を後て更新しても効果が薄いのかも。ブログの記事をアップした直後にはわりと上位にリストされるような気がする。そこでクリックしてみてくれる人が多いと、それなりに上位をキープできるのではないか、と思っている。だから、最初が肝心なのかも。

Android OpenGLの記事を書き始めてから、アクセス数はけっこう増えている。So-netブログのアクセス解析でみると、100ページビュー/日くらいであったのに対して、最近は、300ページビュー/日 くらいは行くようになった。やはり、中身のある記事を増やすのが最大のSEO対策なのであろう。

といっても、検索サイトで上位にヒットすれば、よりページビューはアップするであろう。SEO対策も地道にやっていくことにする。今まで以上に、アップする際のタイトルには「気を付けた方がよさそう」である。


サイト内を検索


nice!(1)  コメント(0) 

ブログのアクセス解析 SEO [ブログ関係]



自分のブログの解析をやってみた。
まずは、アクセス数が多いページは、以下のふたつ。

・ONKYO TX-8050購入
・風呂場のLED電球化計画

他のページが閲覧数1000以下であるのに対して、このふたつは3000。アクセス解析でもいつもリストされている。
どうしてこのふたつのページが人気かというと、どうも検索すると上位でヒットするかららしい。

GoogleでTX-8050で検索すると、ほら、最初のページに出てくる。
LEDの記事はどうかというと、さすがに、LEDで検索しても出てこない。「風呂場 LED」で検索すると出てくる。

LEDに変えたっていう記事なら、「電球をLED電球に交換」っていうのがあるのだが、こちらはそんなにアクセスが多いわけではない。

「LED電球」で検索をかけると、多くのページがヒットしてしまい、最初のページには表示されない。多くのサイトで取り上げているような話題は、何かと複合させないとだめっていうことか。

「風呂場のLED電球化計画」のページは、風呂場とLED電球で検索すると上位でヒット。
「電球をLED電球に交換」のページは、LED電球だけで検索、ヒットしているかも知れないが、上位ではない。キーワード「交換」を付けても、結局多くのヒットになってしまう。一般的な言葉を付けてもだめ。

で、一度上位にヒットするようになると、アクセスする人が増え、ページランクが上がりっていうことになり、なかなか下に落ちることはないらしい。

SEOは大事なわけですな。SEOって何?と思ったが、Search Engine Optimizationだそうな。

そんなわけで、「電球をLED電球に交換」のタイトルを「トイレの電球をLED電球に交換」に変えてみた。SEO用のツールもあるらしいが... 無料のツールにかけてみるか。

キーワードをstrongタグで括るといいらしいなぁ。
ちょっとやってみるか。

数時間をかけて、キーワードとなりそうなものにstrongタグを付けてまわった。けっこう疲れた。索引付けるのと同じ感覚。さて、これでページランクは上がるのだろうか。

ページランクは、他のサイトからここにリンクが設けられていると上がるらしい。SEO対策サイトっていうのがあって、そこに登録しておくと被リンクが増えてページランクが上がるらしい。同じサイトでも被リンクになるのか?
SEO対策サイトに登録してみるか... いやぁ何気に怪しい感じがするのでやめておこう。

うん?まてよ。ヒットして上位に表示されるっていうことは、それなりにページランクが高いっていうことでしょ?仮にサイト内の内部リンクでもページランクの計算に一役かっているとするなら、上記のふたつのページにリンクをバンバン乗っければ、それなりに、リンクを貼ったページのランクが上がる?っていうこと?

まぁ、多分そんなに簡単じゃあないな。Googleはもう10年以上、検索エンジンの改良を重ねてきている。そんなに簡単ではないでしょう。「人間がよく考えそうなこと」については、対策が取られているに違いない。
ページランクを上げるにはやはり本質的に、内容のある記事を書かなければならない、のだと思う...

どうでもいいが、AdSenseの宣伝。自分でクリックしてはいけないのだが、面白そうな宣伝があるとクリックしてみたくなる。こういう場合、どうすればいいの?
ちょっと、わからないので、面白そうな広告が表示されてもだまってみているだけ。少しもったいない気もする。


サイト内を検索


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - ブログ関係 ブログトップ

AREarthroidPro ARで地球を表示するアプリ

Copyright Atsushi Asai Google+朝井淳
[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)