So-net無料ブログ作成
検索選択

「プログラミング言語図鑑」を買ってみた結構面白かった [SQLポケリ]



本日は、仕事の関係上池袋に行ってきた。
ちょっと時間があったので、本屋さんに行ってみた。
まぁ、目的は、自分の書いた本が、どういう扱いになっているかを調べに行くのが日課...じゃなくて、どう言ったプログラミング本が人気なのかな、という市場調査なわけではあるが...

そんな中、面白そうな本を発見したので、購入してきた。

プログラミング言語図鑑

プログラミング言語図鑑

プログラミング言語図鑑

  • 作者: 増井 敏克
  • 出版社/メーカー: ソシム
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: 単行本



この本は、プログラミング言語に「どう言ったものがあるのか」を紹介したもの、ABC順なので、アセンブラから始まって、BASIC、CとかDとか、F#とかCOBOL、FORTRAN、Java、PHP、Perl、Ruby、PL/I、SQL、Visual Basicと懐かしの、いやいやまだ使っているから、といった言語がズラリと並んでいる本である。図鑑と言っても、分厚い辞典のようなものではない。

今流行りのPythonも載ってるし。

中には、AWKとかsedっていう、それって言語?的なものもある。Bashなら立派な言語かも知れない。AWKも構文があるから、言語って言ってもいいか。sedはなんか微妙?

Luaとかマイナーな言語もあるし。

PostScriptって、まぁ言語って言えば言語かも。

最近出たやつは知らないものもあるなぁ...
でも見ていて面白い。40〜50代のシステム関係の方なら、多分半分は「あっ知ってる」っていう言語が半分はあると思う。そういう言語は「そうそう、そうだった」とニヤリとすることができるし。知らない言語は、「はぁ、そうなのか、そう言った言語もあるのか」ということでそれはそれで、面白い。

さて、私的には、「SQL」のページが気になったりして、見てみた。
各言語で、ハノイの塔を解くプログラムが掲載されているのだが、SQLのページを見て思わず「笑ってしまった」
他の言語では、関数的なものがあり、インデントされていたりしてプログラムっぽいが、SQLの所は、CREATE TABLEやらINSERT INTO、SELECTが並んでいるし...意味わからん。インデントもあるがなんかとっても異質。

他にも、Scratchやらアセンブラなんかは異質だけれども、SQLはなんか「頑張ってプログラム作ってみた」な感じがあってなんか素敵。
でも、WITH RECURSIVEを使っているので、ちょっと反則気味?ハノイの塔って基本、再起処理しないと綺麗に書けないので「しょうがないかも」だけど。

まぁ、気になった方は読んでみて下さい。

人の書籍を宣伝してどうするの、っていうことは置いておくことにするが、「プログラミング言語図鑑」を見てSQLが気になった方はSQLポケットリファレンスを読んで欲しい。お、宣伝になったか。


サイト内を検索


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

AREarthroidPro ARで地球を表示するアプリ

Copyright Atsushi Asai Google+朝井淳
[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

C言語 ポインタが理解できない理由 [改訂新版] (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

かんたんAndroidアプリ作成入門 (プログラミングの教科書)

  • 作者: 朝井 淳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)